phpMyAdminをUbuntu20.04+NGINXに入れる

phpMyAdminロゴ PC

前回の記事では、Ubuntu Server 20.04クリーンインストールの状態からNGINX、MariaDB、PHP7.4をインストールしました。

今回の記事では、MariaDBのWebフロントエンドとしてよく使われるphpMyAdminをインストールします。

前回も書きましたが、環境は以下の通り。

  • Ubuntu Server 20.04 LTS
  • NGINX 1.17.10
  • MariaDB 10.3.22
  • PHP 7.4.3

phpMyAdminのバージョンは、4.9.5deb2 です。

バージョンが同じなら、この手順を最初から踏めば問題なくできると思いますので、ご参考までにお願いします(但し生じた責任は負えません…)。

phpMyAdminのインストール

まず、パッケージ情報を最新化します。

$ sudo apt update

インストールを実行。

$ sudo apt install phpmyadmin

途中で下のような画面になります。
今回はNGINXを使用してますので、チェックは入れず、OKを押します。

次に、以下のような画面になります。
OKを選びます。

後でログインに使用するphpmyadminユーザーのパスワードを設定します。
パスワードを入れ、OKを選択。

再度入力して、OK。

phpMyAdminがあるディレクトリは、/var/www/htmlとは別の場所にあります。
なので、/var/www/htmlの配下へシンボリックリンクを作成します。

sudo ln -s  /usr/share/phpmyadmin /var/www/html/phpmyadmin

パーミッションと所有者を変更します。
(これをしないと403エラーがでる)

$ sudo chmod 775 -R /usr/share/phpmyadmin/
$ sudo chown www-data:[ユーザー名] -R /usr/share/phpmyadmin/

つぎに、NGINXの設定ファイルも修正します。

$ sudo nano /etc/nginx/sites-available/default

以下のように、index.php を追加します。

Control + o (オー)で保存し、Control + x で終了します。

NGINXの再起動も忘れずに。

$ sudo systemctl restart nginx

これで、インストール作業は終わり。

動作確認

以下のURLにブラウザからアクセスしてみます。

http://サーバーのIPアドレス/phpmyadmin/

うまくいけば、下のように表示されます。

試しに、ログインしてみます。
・ユーザ名:phpmyadmin
・パスワード:上で設定したパスワード

成功すると、下のような画面に。

ログインユーザーは、MariaDBで登録されたユーザー名であれば入れますが、今回の場合はrootユーザーはログインできません(前回、リモートからのログインを認めないよう設定してるので)。

ここまでできれば、インストールと動作確認は問題ありません。

phpMyAdminからデータベースを作成できるように設定する

インストール自体は問題なくできましたが、phpMyAdminユーザーに権限がないため、DBの作成ができません。

なので、phpMyAdminユーザーに権限を付与します。
この作業はrootユーザでコマンドラインから実施する必要があります(上にも書きましたが今回はrootのリモートログインを許可していないので)。

以下のコマンドでログイン。

$ sudo mysql -u root -p

phpmyadminに特権を付与するコマンドを入れます。
WITH GRANT OPTIONは継承を可能にするオプションです。

MariaDB [(none)]> GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO 'phpmyadmin'@'localhost' WITH GRANT OPTION;

問題無ければ、「Query OK, ..」と表示されます。

設定を反映させます。

MariaDB [(none)]> FLUSH PRIVILEGES;

Query OK, … 」と出たら、問題なし。
quitで抜けましょう。

これで権限の設定は終わりです。

phpMyAdminにログインしたままの場合はいったん抜け、再度phpmyadminユーザーでログインしましょう。

以下のように「データベース」タブの「作成」ボタンが押せるようになっていれば、問題なくできてます。

 

次はLaravelのインストールをしてみましょう。

 

今回は以上です。
終わり。

※アイキャッチ画像はphpMyAdminのロゴ画像です

タイトルとURLをコピーしました